The Designer

Mario Trimarchi(マリオ・トリマルキ)

シチリア生まれのマリオ トリマルキは、1983年以来ミラノに住み、仕事をしています。「フリーハンド」世代の建築家で、彼は常に視覚の世界の中で自由に動き回り、同じ理論的アプローチを用いて、描画、写真、デザイン、そしてイメージを同等の構成要素と捉えています。1994年から1998年の間にトリマルキはドムス アカデミー のアドバンスドデザイン のディレクターを務め、1989年から2000年までは オリヴェッティデザインスタジオ の一員として ミケーレデルッキ と仕事をしました。1999年に彼は自分のコーポレートアイデンティティケアスタジオ、FRAGILEを設立しました。 FRAGILEで、彼は多様な個性を表現することができる、コーディネートされたイメージと視覚的なアルファベットのアイデンティティシステムをデザインしています。彼は多くの商標、特にポスト イタリア、多数の大規模展示会のグラフィック、イタリアのデザイン会社のための通信システム、多くのディスプレイとインテリアをデザインしました。彼はドローイング、建築、デザインへの情熱を決して放棄せず、現在不安定な幾何学のテーマに取り組んでいます。それにより、彼は私たちの日常的な物との関係の文脈の中で、しかし私たちの習慣的な生活パターンを少しでも変えようとしているのです。