The Designer

Marcel Wanders(マルセル・ワンダーズ)

マルセル ワンダースはオランダのボクステルで育ち、1988年にアーネム美術学校を卒業しました。マルセル ワンダースの名声は、彼が1996年にドルーグデザインのために作った、アイコニックな「結び目のある椅子」から始まりました。彼は現在あらゆるところで活躍しています。B&B Italia(ビーアンドビーイタリア)、Bisazza(ビザッツァ)、Poliform(ポリフォーム)、Moroso(モローゾ)、Flos(フロス)、Boffi(ボッフィ)、Cappellini(カッペリーニ)、Droog Design(ドルーグデザイン)、Moooi(モーイ)などのようなヨーロッパ最大のコンテンポラリーデザインメーカーのためにデザインを手がけており、アートディレクター兼共同所有者でもあります。2000年に設立されたMoooi(モーイ)は、国際的に有名なデザインレーベルに成長しました。さらに、マルセル ワンダーズは建築およびインテリアデザインプロジェクトに取り組んでおり、最近は家庭用電化製品にも着目しています。マルセルは、2005年のインターナショナル デザイン イヤーブックの編集者でした。同年、シェフのピーター リュートと共に、世界で最初の「全てシティスイーツ」のホテルとして、LUTE SUITESの素晴らしいホスピタリティの概念を確立しました。彼はまた、ロッテルダムの新しいレストランBlitsのインテリアと、ニューヨークのホテルオンリヴィントンのレストラン「Thor」のインテリア、バー、ラウンジ、プライベートクラブをデザインしました。ワンダースは、ドルーグデザインの最初で最も重要なデザイナーです。彼はロッテルダムデザイン賞(彼自身の製品は数回ノミネートされています)やKho Liang Ie賞のような様々な賞の審査員でした。彼はSFMoMA(サンフランシスコ近代美術館)、Limn、デザインアカデミー、Nike(ナイキ)、IDFA、FutureDesignDaysで講義を行い、オランダ国内外のさまざまなデザインアカデミーで教えてきました。ニューヨークとサンフランシスコの近代美術館、ロンドンのV&A美術館、アムステルダムのステデリック美術館、アムステルダムのボイマンス ヴァン ベーニンゲン美術館(ロッテルダム)、ユトレヒト中央美術館、コペンハーゲン装飾美術館、そして様々なドルーグデザイン展など、世界で最も重要なデザインコレクションや展覧会で、ワンダースの様々なデザインが選ばれています。 マルセルに関する報道は、下記のようなすべての主要なデザイン雑誌や新聞に掲載されています。Domus(ドムス)、Interni(インテルニ)、Blueprint(ブループリント)、Design Report(デザインレポート)、Frame(フレーム)、I.D.(アイディー)マガジン、Abitare(アビターレ)、Wallpaper(ウォールペーパー)、Nylon(ナイロン)、Elle decoration(エル・デコ)、Icon(アイコン)、Esquire(エスクァイア)、the International Herald Tribune(インターナショナル ニューヨーク タイムズ)、Washington Post(ワシントンポスト)、the Financial Times(フィナンシャルタイムズ)、the New York Times(ニューヨークタイムズ)、Business Week(ビジネスウィーク)など。