The Designer

Future Systems(フューチャーシステム)

1937年にチェコスロバキアで生まれ、1962年にプラハの応用芸術建築大学を卒業したヤン カプリッキーによって、ロンドンのフューチャーシステムズは1979年に設立されました。1968年からカプリッキーは、デニス ラズダン、ピアノ&ロジャース、スペンサー&ウェブスター、ノーマンフォスターと共にロンドンで働いていました。 アマンダ レベテは1955年にイギリスのブリッジェンドで生まれ、1982年にロンドンの建築協会で資格を得ました。1989年にAlsop&Lyall、yrm Architects、Richard Rogers&Partnersとの仕事を経て、フューチャーシステムズに入社しました。 彼らは建築プロジェクト、都市家具、インテリア、工業デザインおよび視覚的コミュニケーションの分野で、世界の様々な場所で仕事をしました。彼らの作品は、画像の取り扱いとその機能的および技術的研究において際立って革新的です。彼らの主なプロジェクトと完成した作品は、イギリス、ストーンヘンジのビジターズセンター(1992年)、ロンドンのHauer-King House(1994年)、 ロンドンのクリケット場にあるNatwest Media Center(1994-99年)などです。Natwest Media Centerは、リーバスターリング賞(2000年)、British Construction Award(1999年)、Aluminium Immagination Award(1999年)を受賞しました。また、カナリーワーフとロンドンのウェストインディアキーを結ぶ浮遊歩道橋(1994-99年)。ニューヨーク、東京、パリの国際的なファッションチェーンComme des Garçonsのショールームへのインスタレーションなども手がけました。 ヤン カプリッキーは2009年に亡くなりました。