The Designer

Franco Sargiani(フランコ・サルジアニ)

フランコ サルジアニは1940年にモデナで生まれた建築家で、ミラノ工科大学建築学部を卒業しました。 初期のスタジオモラシュッティでの経験の後、イギリス、スウェーデン、フィンランド、デンマークでトレーニング期間を過ごしました。それらの国で、最も著名なデザインと生産の中心に触れた後、彼はミラノにスタジオを開設し、プロとしての活動を始めました。彼は、土木建築から工業建築およびインテリア建築、工業デザインから企業イメージの組織化まで、様々な分野に介入しており、後にインテリア建築や工業デザインはエイジャ・ヘランダーとよくコラボレーションするようになりました。 サルジアニは、ニーノ ディ サルヴァトーレが運営するポリテクニックアンドデザインスクールでインダストリアルデザインとビジュアルデザインを教えてきました。彼は、ALESSI、Fantini、Filasp、Fidenza Vetraria、Inda、Emicar、Sipeaなど、数多くの企業とコラボレーションしています。 彼のデザインは書籍や専門誌に掲載され、ゴールデンコンパス賞にも選ばれています。また、ポンピドゥー美術館(パリ)、ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク)、テルアビブ美術館、リオデジャネイロ近代美術館、応用美術館(ヘルシンキ)、クンスト美術館(デュッセルドルフ)、ミラノトリエンナーレなど、数多くの美術館で発表されています。彼の作品は、ミラノトリエンナーレ、サンパウロ美術館(ブラジル)、美術史美術館SMPK(ベルリン)、デュッセルドルフにある美術館、ゾーリンゲンにあるクリンゲン美術館(ドイツ)などの永久コレクションで見つけることができます。