The Designer

Moretti-Savoy(モレッティ-サヴォイ)

ブルーノ モレッティは1985年に、ディジョンにある国立高等美術学校を卒業し、1987年にファブリス ベルーとパスカル オリオールと共に「18 Août 」を設立しました。モレッティはデザインとインテリア建築の分野でプロジェクトに取り組んでいます。彼の作品の多くは、フルーツボウル、トレイ、カトラリー、台所用品など「食器」に関連したものです。有名な展覧会で特集され、いくつかはパリの装飾美術館のコレクションに入っています。
2012年のガイ サボイとの出会いは、テーブルデザインにおける新しい分野の始まりでした。友好的でプロフェッショナルなこの関係は、物と食習慣との関係について私たちに異なる見方をさせる、いくつかのプロジェクトの開発につながりました。モレッティはガイ サボイと共に、Hôtelde la Monnaie de Parisのシェフが2015年にパリに新しくオープンしたレストランのための、一連の「テーブルアート」製品のデザインを行いました。