The Designer

Massimo Mariani(マッシモ・マリアーニ)

マッシモ マリアーニは、建築家兼デザイナー。1951年にイタリアのピストイアで生まれました。1977年に彼はフィレンツェの建築学部を卒業し、学者のレモ ブティに協力しました(1980年から1992年まで)。1980年にマリアーニは、アルベルト カシャーニと共に、実験用オブジェクトおよび家具のデザインと製造のためのStudio Stilemaという会社を設立しました。1986年、マリアーニは建築家のグループと共に、Bolidismoの共同創設者になりました。1990年以来、モンテカティーニテルメを拠点とするマリアーニのプロとしての活動は、インテリアデザインと建築に焦点を当ててきました。彼は、民家やたくさんの公共の建物を含む、多くの種類のプロジェクトを実現し、トスカーナの多くの銀行や、指向性の高い建物のデザインをしました。マリアーニの多くのプロジェクトは、非常に名誉ある賞を獲得しました:「Inventare la copertina di Modo」(1979年)、「La casapiùbella del mondo」(1988年)、「Premio Dedalo alla committenza」、(1999年)、 US Award 2009、(2009年)などです。デザイン活動については、彼はALESSI-Tendentse、Stilema、Meccani、Arredaesse、Limonta、Unitaliaと協力しています。 2005年に、Verbavolantの編集者は、彼の作品についてのモノグラフ「Massimo Mariani Progetti 1980-2005」を出版しました。