The Designer

Luigi Massoni(ルイージ・マッソニ)

ルイージ マッソニは、1930年ミラノ生まれのデザイナー兼建築家で、Cermenate(Como)のA&Dを担当していました。ミラノのCollettivo di Architetturaでのトレーニングと、1953年から1955年の間の最初のプロとしての経験を経て、マッソニはALESSIのためのカクテルシェーカー(1957年、カルロ マッツェリと共に)と、現在でも生産中のSerie 5コンテナを製造することからデザイナーとしてのキャリアスタート。1957年から1960年の間に、C.デ・カルリ(V.)と共に、プロダクションのリニューアルに貢献し、様々なイベントに参加、雑誌「Il Mobile Italiano」(V.)の創設に参加しました。1959年に、家具製造業者のグループとパートナーシップを組むことによって、彼はMobilia(V.)創設の主催者となりました。そして同年、プロダクションコーディネーター兼デザイナーとしてBoffi(V.)に加わり、史上初の家庭用および台所用モジュラーシステムの作成を行いました。この経験から、まだデザイナー兼アートディレクターとしての能力の範囲内だったため、彼はPoltrona Frau(V.)(1968-1976年)のイメージを高めました。Fratelli Guzzini(V.)(1963-1976年)、彼はボールのセットBolo cubo(1962年)とディナーサービスVanessa(1969年)、iGuzzini(V.)(1965-1976年)をデザインしました。1990年代初頭、彼はCedit、Gabbianelli(V.)、Sirrah(V.)、およびVenini(V.)とも仕事をしていました。