The Designer

Daniel Libeskind(ダニエル・リベスキンド)

建築と都市デザインにおいて、世界的に有名な人物である建築家ダニエル リベスキンドは、均衡に反する同時代の建築物に文化的記憶を呼び起こすことで知られています。1946年にポーランドのロズで生まれたリベスキンドは、10代でアメリカに移住しました。彼は1989年に、ドイツのベルリンにユダヤ博物館を建設するためのコンペに勝った後、建築スタジオをベルリンに設立しました。リベスキンドが世界貿易センターの再開発のマスタープランナーに選ばれたとき、Studio Libeskindは2003年2月に本社をベルリンからニューヨークに移しました。 彼は多様な都市、文化、商業プロジェクトを国際的にデザインし実現することに関わっています。