The Designer

Alessandro Mendini(アレッサンドロ・メンディーニ)

アレッサンドロ メンディーニは1931年にミラノで生まれ、1959年に卒業しました。彼は建築家、アーティスト、デザイナー、デザインマネージャー、理論家、ジャーナリストで、ニッツォリスタジオで仕事を始めました。1970年に彼は、建築とデザインに関するジャーナリズムに集中する計画を断念し、カサベラ、モド、ドムスを編集し、自分がデザインの世界を刷新するという考えを伝えてきました。ブランジとソットサスと共に、グローバルツールと先鋭的なデザインの存在感により、メンディーニは80年代のイタリアのデザインの革新を支えた主力の1人でした。 70年代後半に彼は、デザインや様々なプロジェクトに戻り、1979年にアルキミアスタジオに加わりました。80年代のメンフィスのこの急進的なデザイナーのグループは、芸術的な喜びのため、そして大衆文化やキッチュを参考にしたオブジェクトをデザインすることで、機能主義のデザイナー達を怒らせました。これは、工業生産と実用性の規範をはるかに超えていました。 アルキミアと共に、彼は物、家具、環境、絵画、インスタレーションと建築作品を作成しました。この時期の彼の最も重要な作品の中には、フローニンゲン美術館と、メンディーニがメタプロジェクトのコンサルタントを務めるALESSIの、イメージの刷新がありました。 1989年に彼は、兄弟のフランチェスコとミラノでアトリエメンディーニをオープンし、洗練された、ポップデザイナーとしての彼のキャリアを続けました。彼の重要な要素は、常にアートとデザインの巧妙なハイブリッドにあり、大きな商業的成功を達成する人気のあるオブジェクトをもたらしました。彼は2019年2月18日に死亡しました。