The Designer

Zaha Hadid(ザハ・ハディド)

ザハ ハディドは1950年バグダッド生まれ。ロンドンの建築協会で学び、1977年に資格を得ました。レム コールハースとエリア ゼンゲリスと共にMetropolitan Architectureに加わり、ロンドンの建築協会に講義のために戻り、またヨーロッパやアメリカの他の大学でも講義を行いました。彼女はウィーンの応用芸術大学で教鞭をとり、エール大学の客員教授でもあります。 ハディドは1979年にプロとしてのキャリアをスタートさせました。1993年にドイツのヴェイルアムラインのヴィトラ消防署と、ベルリンのイバのための住宅建築を担当しました。彼女の主な完成したプロジェクトは、ヴァイル・アム・ライン(1993-99)のLF1パビリオン、ロンドンのミレニアムドームのマインドゾーン(1997-99)、ストラスブール(2001年)の路面電車の駅と駐車場、インスブルック(2002年)のスキージャンプなどです。彼女の最近のプロジェクトは、ローマとシンシナティの現代美術センター、ドイツのヴォルフスブルクにある科学センター、イタリアのサレルノにあるフェリーターミナル、バルセロナの公共広場とマルチプレックス映画館、ライプツィヒのBMWワークス、コペンハーゲンのOrdrupgaard博物館、アラブ首長国連邦のアブダビにある橋などです。ザハ ハディドは、画家兼デザイナーとしても有名です。彼女の作品は、アメリカ、日本、イギリス、ドイツのさまざまな展示会で展示されています。 2016年没。