The Designer

Marcello Jori(マルチェロ ジョリ)

マルチェロ ジョリは、1951年12月12日にメラノで生まれました。彼は現在ボローニャに住み、仕事をしています。 1977年にDAMS(Drama、Art and Music Studies、ボローニャ)で学位を取得した後、ジョリはアーティストとしてのキャリアをスタートさせ、すぐに国内外のギャラリーや美術館で展示を始めました。70年代半ばにジョリは、特定のコンセプチュアルな流れの中で、最初のステップを踏み出しました。しかし彼はそこからすぐに離れ、芸術に新しい命を吹き込むため、彼らの冷たい厳格な側面に公然と反対したのです。これは彼が一連の写真作品で行ったもので、そこで彼は、いくつかの古典的な傑作を現代風に再解釈しました。このようにしてアートは人の次元に持ち帰られます。アーティストは絵画に「からだを与え」、それを所持することで、本当の何かに変えるのです。 このように、夕焼けを描いた抽象画は、本物の夕焼けの光と色にさらされています( "Tramonto sul mare sul mare a tramonto" - 夕焼けの海に沈む夕日,1976年)。1979年、ジョリは天に触れ、天使の堕落を描く梯子の一番上に自分を描きました。そして、それは彼の芸術的なキャリアの転換点になったのです。この絵は、その後10年間にわたり彼の作品に登場する、新しい表現力を示していました。絵画が彼の創造的進化の中心となったのは、この頃です。これらは「Scritture」(碑文)の年であり、まっすぐでありながら変化する言葉が、現実とアーティストの精神的な空間の概念の間で、空中に浮遊していました。これらの言葉はその後、多色の「Teatrini」(劇場)に入れられました。それは、次に続く魅惑的な万華鏡のような幾何学模様の「Crystals」と「Joys」(Jewels)シリーズの前触れであり、ムーブメントにおける建築の贅沢な例であったのです。