The Designer

Harri Koskinen(ハリー・コスキネン)

ハリー コスキネンは、1998年にヘルシンキにデザインスタジオFriends of Industry Ltd.を設立しました。彼は作品では主に製品デザインにフォーカスしていますが、彼のスタジオはコンセプトデザインおよび展覧会の構成も提供しています。コスキネンの印象的な顧客リストには、アルテック、デザインハウスストックホルム、イッタラ、マジス、イッセイ ミヤケ、モンティナ、無印良品、Panasonic、セイコーインスツル、スワロフスキー、Veniniなどの企業があります。コスキネンの妥協のない優れたデザインは、キャリアの初めから国際的に認められていました。 2004年に、彼はモンティナのためにデザインしたMuuチェアでイタリアのCompasso d’Oro賞を受賞。コスキネンの作品は世界中の数多くの展示会で発表されています。デザインハウスストックホルムのためのブロックランプ(1996年)は、ニューヨークの近代美術館、MoMAのコレクションに含まれ、ヘルシンキのデザイン博物館と、シカゴの建築デザイン美術館アテナエウムでも常設展示を行っています。他の有名な製品は、コスキネンがイッセイミヤケとセイコーインスツルメンツ(2003-2005)のためにデザインしたVAKIOウォッチコレクションなどがあります。 コスキネンの最近の作品には、リスンのお香ホルダー、アラビアのOMA食器、Black Horseの男性用下着、2008年にニューヨークのマンハッタンにオープンするレストランのSounds 72のコンセプトおよびインテリアデザインが含まれます。
www.harrikoskinen.com