The Designer

Yung Ho Chang(ユン・ホ・チャン)

ユン ホ チャンは北京出身で、中国とアメリカで教育を受け、1984年にはバークレーのカリフォルニア大学で建築学の修士号を取得しました。彼は中国で実習を重ね、1993年にアトリエFeichang Jianzhu(FCJZ)を設立しました。 彼は、1987年の新建築住宅デザインコンペの最優秀賞、1996年のプログレッシブ建築賞、2000年のユネスコ芸術振興賞、 2006年にはアメリカ芸術アカデミーの建築アカデミー賞など多数の賞を受賞しました。彼はこれまでに、英語とフランス語の「ユン・ホーチャン/ Atelier Feichang Jianzhu」を含む、8冊の本と研究論文を出版しています。中国での実習とイタリア語で「Yung Ho Chang:Luce chiara、camera oscura」と題されたものなどです。彼は2000年から、5度のヴェネツィアビエンナーレを含む、芸術や建築の多くの国際展示会に参加しました。彼はアメリカと中国のさまざまな建築学校で教えてきました。 1999年から2005年まで北京大学の建築大学院教授を務め、2002年にハーバードでKenzo Tange(丹下健三)の称号を、2004年にミシガンでEliel Saarinen(エリエル サーリネン)の称号を務めました。