The Designer

Sandro Chia(サンドロ・チア)

サンドロ チアは1946年にフィレンツェで生まれ、1970年にローマに移りました。そこでコンセプチュアルカルチャーについて学び、彼は絵画の制作をするようになります。 1979年にアキレ ボニート オリーバは、彼の仕事をTransavanguardiaと呼ばれる新しいトレンドの分野に統合しました。そして、その動きを国際的に確立するために、彼がキュレーションしたショーにチアの作品を展示するように誘いました。 1981年から1983年の間に、彼は表現としての芸術の回帰と、新表現主義の探求をした作品で展覧会に参加しました。彼の絵画は身体の官能性と、人物の溢れんばかりの自然の活力を祝っています。そしてすぐに、具体的な解決策をブロンズに見出すことになりました。図像的なテーマ、モチーフと芸術的なテクニックの対話は、完全なる個人的な皮肉により手直しされ、彼の作品の中でそれを強めます。 www.sandrochia.com