The Designer

Pierfrancesco Cravel(ピアフランシスコ・キャラベル)

ピアフランシスコ キャラベルは、ミラノ工科大学を卒業し、そこでArturo dell’Acqua(アルトゥーロ デラクア)、Corrado Levi(コラド レビ)、Andrea Branzi(アンドレア ブランジ)のコースを受講し、そこでLawrence Steele(ローレンス スティール)、Grand Vases、Genetic Talesの家のための家具をデザインしました。1998年に、彼はニコラ トラサルディと、サトシ サイクサ、スティーブン クライン、アルミン リンケを含む写真家と共に仕事をする、トラサルディグループのアートディレクターになりました。 彼はPython(パイソン)の香水瓶と、Trussardi Home Collectionをデザインしました。 2000年に設立された彼自身の会社であるPFC architectsでは、多くの商業用および住宅用建物を設計しデザインしました。特筆すべきは、ミラノのピレリの超高層ビル(1996)、Villamoda(2001)、およびドバイ国際金融センター(2007)周辺の公共スペースなどです。2012年にはALESSI(Liconi 2012)、Driade(Andrea and Lawrence)そしてPetite Hache(DessinsécologiquesがPascale Mussardを注いだ)のデザインを始めました。 キャラベルは1999年から、ミラノ工科大学で建築と工業デザインを教えています。2010年には客員教授としてミラノのルイジボッコーニ大学で、また2012年にはヨーロッパデザイン協会(IED)で講演しました。彼はVogue Italia(ヴォーグイタリア)、そして最近ではドムスオンラインのための記事やレビューを書いています。