The Designer

Nigel Coates(ナイジェル・コーツ)

ナイジェル コーツの作品は、人間の体のような曲線と遊び心があるのが特徴です。「建築は官能的なものなので、それが製品にあればあるほど良い」とコーツは言います。 彼の建築物は特徴的な流動性を持っており、街の風景に強引に割り込む傾向があります。 建築家、デザイナー、コメンテーターであるコーツは、さまざまなプロフェッショナル分野で活躍するレアな才能の持ち主の一人です。 彼は、都市の複雑さと混乱こそ魅力と捉えています。それは、東京のウォール、シェフィールドのポップミュージアム、そしてミレニアムドームのボディゾーンのような、日本とイギリスで彼の象徴的な建物に表れています。1998年に彼は、プロトリビングユニット、オイスターハウスを設計しました。それは、OXOソファシステムと、初のガラスの花瓶デザインなど、たくさんのオブジェクトが含まれていました。彼の著書「Guide to Ecstacity」は、Laurence King(ローレンス キング)によって2003年に出版されています。