The Designer

Naoto Fukasawa(フカサワ ナオト)

深澤直人は、1956年山梨県生まれで、1980年に多摩美術大学のプロダクトデザイン部門でアートと3Dデザインを学び、卒業しました。1988年まで、セイコーエプソン株式会社でデザイナーとして働いていました。1989年に彼は日本を発ち、アメリカに拠点を移しました。サンフランシスコで、彼は「IDEO」の前身である「ID2」という小さなオフィスに入り、8年後に日本に戻りました。1996年には、彼は日本での「IDEO」の設立に関わります。8人のデザイナーのチームが主に日本市場のために働き、深澤は2002年12月まで働いていました。 その後、深澤は独立し、2003年1月には「深澤直人デザイン」を東京に設立しました。深澤は日本の会社「MUJI」の顧問に加わり、 2003年12月、彼は新製品ブランド「±0」を立ち上げました。「プラスマイナスゼロ」は、傘から電子機器に至るまで、家庭用品をデザインおよび製造しています。 深澤は、東京の武蔵野美術大学および多摩美術大学のプロダクトデザイン学科の講師です。彼のデザインは、ヨーロッパとアメリカで50以上のデザイン賞を受賞しています。日本のプロジェクト以外にも、イタリア、ドイツそして他のヨーロッパの会社とのプロジェクトがあります。