The Designer

Michele De Lucchi(ミケーレ・デ・ルッキ)

建築家のミケーレ ド ルッキは、カヴァート、アルキミア、メンフィスのような活動をする著名人でした。彼は、イタリアやヨーロッパで最も有名な企業のためのランプや家具をデザインし、イタリア国内外で建築プロジェクトを実現しました。その作品はヨーロッパ、アメリカ、日本で展示されました。 デ ルッキは、デザインと建築への奉仕のため、イタリア共和国役員に任命され、ミラノのPolitecnicoのデザイン学部の教授と、ローマのアカデミアナチョナーレディサンルカのメンバーに指名されました。 最近の活動は、ミラノ市のためのいくつかのプロジェクトの実現や、エキスポ2015(パディグリオーネゼロ、エキスポセンター、Intesa Sanpaolo)のパビリオン、ゲオアウレンティ広場のユニクレジットパビリオンと、スフォルツェスコ城のオスペデール・スパニョーロにあるピエタロンダニーニのインスタレーションなどです。デ ルッキは、サローネデルモバイル2015のために、Workplace3.0用の 「ラ・パッセッジャータ」を製作しました。