The Designer

Fratelli Campana(フラテッリ・カンパーナ)

1983年から芸術的デザインの分野で、弁護士のウンベルト カンパーナと建築家のフェルナンド カンパーナは、サン・パオロで共に活動しています。機能的なオブジェクトではなく政治的な宣言である、「Gli inconfortabili」(不滅)と題された挑発的な家具展で、彼らは脚光を浴びました。彼らの先鋭的な見方は、貧弱な材料と産業用ゴミの使用によって強化されています。手作りの製品は、貧しい国での社会的償還の可能性を表しています。 しかし彼らの意図は、ヨーロッパの植民地化を避けながら、ブラジルのデザインのための方法を見つけることでした。イタリアでは、1994年にヴェローナのAbitare il Tempoで開催された「Viaggio in Italia」および、1995年にミラノのブラジル領事館で開催された展覧会「Il Brasile fa anche design」に参加しました。1997年に彼らはO Luce(オールーチェ)のためにライトをデザインしました。彼らの作品のいくつかは、フィリップ スタルクによって編集された、1997年の国際デザイン年鑑に掲載されています。 1998年にニューヨークのMomaは、インゴ マウラーと共に彼らに「Progetto 66」展を捧げました。