The Designer

Wiel Arets(ヴィール・アレッツ)

ヴィール・アレッツ(1955)は国際的に有名な建築家です。 1983年にオランダのアイントホーフェン工科大学を卒業し、建築学修士を取得しました。 同年、後にヨーロッパ中に拡大することになる、自身のオフィスを設立。 彼の著作やプロジェクトは世界中で出版、公開されています。 1989年以来、世界的に著名な大学で教壇に立ち、1995年から2001年まではロッテルダムのベラージ研究所の学部長を務めています。2012年にはシカゴのイリノイ工科大学(IIT)の建築学部(CoA)の学部長に任命されました。 アレーは著名な批評家として、2012年ヴェネツィア建築ビエンナーレ、2013年の現代建築賞、ミース・ファン・デル・ローエ賞の委員長、そして2014年にCoAと共に設立したミースクラウンホールアメリカズ賞(MCHAP)の取締役会会長も務めています。