The Designer

Ronan & Erwan Bouroullec(ロナン&エルワン ブルレック)

ロナン ブルレック(1971年生まれ)とエルワン ブルレック(1976年生まれ)は、約10年間一緒に働いています。 1997年に、彼らはパリのサロン・デュ・ムーブルで "Disintegrated Kitchen"を発表しました。ジュリオ・カペリーニがそれに注目し、彼らに最初の工業デザインの仕事を発注しました。2000年にはイッセイミヤケが、パリでの新しいコレクションのためのスペースデザインを彼らに頼みました。 そして、彼らに新しい種類のオフィスシステムの概念をもたらす、ヴィトラ会長との会議が行われたのです。多くのプロジェクトで実を結んだ特別なパートナーシップの始まりでした。 今日、ローナンとエルワン・ブルレックは、数多くのメーカーのためにデザインしています。同時に、彼らの仕事の発展に不可欠と言える、実験的な活動をパリのギャラリークレオで継続して行っています。また、建築プロジェクトもときおり手がけています。 2002年のサロンデュミーブルで最優秀賞を受賞し、グランプリデュデザイン(パリ、1998年)、国際現代家具見本市での新デザイナー賞(1999年ICFFニューヨーク)、およびFinn-Juhl賞(コペンハーゲン、2008年)も受賞しています。 彼らのいくつかの展覧会も開かれました。ロンドンのデザイン美術館(2002年)、ロサンゼルスの現代美術館、ロッテルダムのボイマンス ヴァン ビューニンゲン美術館、ルーベ美術館のLa Piscine(すべて 2004年)、イエールのVilla Noailles(2008)とベルギーのGrand Hornu(2009)などで開催されました。ロナンとエルワン ブルレックの、デザインに関する2つの本も出版されています。