The Designer

Antonio Aricò(アントニオ・アリコ)

アントニオ・アリコは、ミラノ工科大学とAlta Scuola Politecnicaを卒業しました。アリコは、彼自身の「言葉」と、デザインへの愛を定義する方法を見つけることに、早い時期から強い魅力を感じていました。 アリコは、Watering Kettle Cans、Swing Chair、Water Pitcher Blockのような象徴的なオブジェクトを発表し、「Back Home」や「Taste of Wood」のようないくつかの成功したコレクションを制作しました。 数年前から、アリコはセレッティやバリラグループなどのクライアントと協力して制作をしています。彼の作品は最近では、サンフランシスコ、サンティアゴデチリ、ケープタウンなど、世界各地で開催された展覧会「The New Italian Design」で世界中に公開されました。 また、スイスパビリオンでのインレジデンスとヴェネツィアビエンナーレ、そしてオーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で行われたさまざまなワークショップに招待されました。 アリコの最新の出来事は、2013年にミラノで開催されたNomadismi展に参加するためのリデウィックエーデルコートの招待状でしょう。彼のウォーターピッチャーブロックとオイルタンクは、2014年にミラノのエディータマテリアコレクションのロッサナ オーランドによって選ばれました。。